« 負けから学ぶこと~121~ | トップページ | 負けから学ぶこと~123~ »

2013年2月 5日 (火)

負けから学ぶこと~122~

この1週間はパワハラの事での話題、辞任での話題のメディアを目にします。


本人達が認めているのならば、それは本当の事なんだろうと思います。


訴えた選手たち、ツイッターなどで擁護する選手たち・・・・・



これを見て正直な話、非常に複雑な気持ちになっています。



なにが正しいのでしょうか?


叩かないから正しいのでしょうか?


この選手達の分かれた意見はどういうことなのでしょう?


今はそんなことを考えて模索しているところです。

« 負けから学ぶこと~121~ | トップページ | 負けから学ぶこと~123~ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

柔道の話とはブレますが

私もコンビニ店員の経験があります。

自分で言うのも何ですが、お客さんから少なくても2回程、良い評価を受けた事があります。

「お客様からのお褒めのメールが本部に届いた」というFAXや

以前、自宅近くで交通のトラブルになりそうな事がありましたが、相手の方が私を見て、「あれ〜!あそこ(店名)のコンビニの店員さんじゃない?あの感じのいい・・」

と驚かれ、「また訪れる」と言い残してその場を行かれました。

しかし、店舗内では上司から決して甘い言葉を貰えず、揚げ足を取られてばかりです。

大半が「もっと声を出せ」、「ボーとするな」「考えて動け」などの内容です。

以前、勤務中に「ツボ刺激」や「タックル」を受けた事もあります。

辞めさせたくてやってるのではなく「叱咤激励」という事なのでしょうが。

スポーツは大会での優勝や好成績が目標ですが
経営は売上が目標です。

いずれの場合も、「叱咤されるのは何故か」と考えて感情的にならないのが大切だと思います。

やっちゃんさん。


コメントありがとうございます。

流石につぼ刺激などはしませんが、声かけで注意することもあります。

売り上げがあっての皆の給与というのは伝えております。

いろいろと書きたい事もありますが、長くなってしまいますので、ここでは割愛させて頂きますが、おっしゃる通りだと思います。

ただ一つ少年柔道に携わる者として、勝ち負けだけを目標にせず、柔道を通じて様々な物を学び、それを将来に活かせる教育になるような、そのようなことはブレずに行こうとは考えています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1338161/49207287

この記事へのトラックバック一覧です: 負けから学ぶこと~122~:

« 負けから学ぶこと~121~ | トップページ | 負けから学ぶこと~123~ »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ