« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

負けから学ぶこと~140~

昨年の夏休みのことだろうか、唯一の1年生女子部員が辞め、1年生男子は1名となった。
原因は2年生との衝突で、些細な事からのようだったが、入部動機も柔道というものではなく、小学校から親しい2年生を追ってのもので、練習の不真面目さを咎めた2年生も悪いのだろうが、これまでの行動を見ているとこの1年生もどうなんだろうって思った。

部活動をするにあたって子供達はどのように決めるのだろう?


スポ少でやってきたから?、かっこいいから?TVで見ておもしろそうだと思ったから?
友達が誘ったから?親がやっていたスポーツだったから?勧められたから?
柔道だったら体型ってこともあるだろう。


私の場合は父親がやっていた事がきっかけであるのだが、元々は野球をやろうかと思っていたのだ。柔道を始めた動機としては適当なものなのだが、負けず嫌いが幸いしてか、この歳まで続けてきた。


結局はやり始め等は様々な考えや環境、経験からの入部になるのだ。
そしていろんな考えを持ったこの子供達は、出会ったこの環境が将来の道標となるのだ。
もちろんそれだとは断言できないが、大きな要因はあるのだと思う。


私の部活動入部当時は先輩がいなかった。
父親の指導から新人戦でいきなり2位になり、そこかだらしない部活になってしまった。
それが嫌で部長と一緒にやってきたが、結局は2人では勝てないと悟り、私は強い高校に進学し、部長は地元高校で柔道を続けた。そして他の部員は全員辞めてしまった。


同じ地区で東北大会まで出場した中学はというと、これもまた不思議で、自慢できるほどの成績を取ったあのメンバーで柔道を高校に行ってやったのは3人しかいない。実はこの中学は負ければビンタをされるような柔道部であった。指導者ばかりではなく親からもだ。


成績もさほど取れなかった私の中学。
東北大会にも行けた程の中学。


結果としては両方とも指導は失敗だと考えている。


私自身が指導者になり、中学を卒業し高校で柔道を続けたのはほんの一握りである。
結果を残した生徒、そして結果こそ残していないものの、私が言い続けた事を実践してくれた生徒だけである。

でも私はこれを駄目な失敗だとは考えていない。
厳しく接してきたからこそのものもあるだろうと考えているし、少なくとも帰宅部だった柔道部を大きく変えたのだから。


叩かれることもあったし、心が折れそうなこともあった。
でもこの子供達がと思うからこそ、私を動かし続けた原動なのかもしれない。


でもいつも思うのが、環境があるのに何故柔道を続けなかったのだろう?ということだ。
環境が無い高校では仕方ないのだが、柔道部がある高校で何故続けなかったのかと思うことがしばしばある。


私も現役の時はあったので、これらの気持ちは重々知っているつもりだ。
でも成績を取らなくてはという気持ちと、厳しくしてしまったらという気持ちが交差しながらやり続けている。


話は元に戻るが、いろいろな考えで入部した子供達に、いかに柔道はということを伝えていくためには、これからも変化しながらやり続けなくてはならないのだろうと思い、今もそこを考えて指導を続けている。




2014年2月19日 (水)

負けから学ぶこと~139~

我が母校でコーチを6年勤めたが訳があり2年前に籍を外した。そして昨年に私が学生の頃から汗を流してきた道場を去る事にした。

今もいろいろな方から声をかけて頂きありがたく思っているのだが、仕事の事、今指導している中学、道場の子供達に指導しているのでなかなか行けないでいる。


これまで触れ合ってきた子供達も気になるのだが、風の便りで活躍を聞き喜んでいるような環境になっている。


私が道場を去ってから1年が経った。
そして最後の教え子と思っている子供達がこの春中学を卒業する。


私と触れ合ってきたたった1年間の部活動生活の中で、厳しさを沢山経験したと思う。
嫌な事も沢山あったのだろうと思う。
だけどたった2人だけと言っていい環境で、よくここまで頑張ったと褒めてあげたい。


この子供達が高校に進学し、何を目指すかは分からないが、ここで養ったものは活かされる事だろう。


まだ受験もあり卒業式も1カ月先ですが、私が今努める部で今週末に3年生を送る会があるので、たぶんこの時期に母校柔道部でもやっているのではないかと思い、この場をお借りして生徒、保護者の方々に感謝とお祝いの意を申し上げます。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ